相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

強制競売も有り得るの?任意売却の落とし穴

マイホーム購入を行う時、ある程度の頭金を用意して、不足する分については住宅ローンを利用すると言ったケースは多く在ります。

6,000万円の一戸建て住宅を買いたいけれども、頭金が2,000万円しかないので、諸費用などを含めて4,200万円の住宅ローンを組む場合、土地と建物には抵当権を設定する事を条件にして住宅ローンを利用する事が出来るようになります。

因みに、抵当権と言うのは家を抵当に入れると言う意味であり、登記簿上の所有権は購入者になりますが、抵当権が設定されている間、すなわち住宅ローンの返済が終わるまでの間の所有権と言うのは抵当権を設定している金融機関でもあり、勝手に売却をすることは出来ません。

売却をする場合には、金融機関との交渉を行い、住宅ローンの債務がきちんと行われることが条件で売却が出来るようになるわけです。

また、抵当権が設定されている中で、住宅ローンの支払いが出来なくなる事で競売にかけられてしまい、家を手放さなければならなくなります。

一般的に、ローンの滞納は催促状から始まり、督促状と言った形で書類が郵送され、督促状が来た段階で対応を速やかに行わないと競売にかける準備が着々と進められてしまうので注意が必要です。

任意売却は競売にかけられてしまう前に、銀行に対して交渉を行って自らの意思での売却を行うもので、ローン相談支援センターや弁護士などに依頼をすることで金融機関との交渉や売却活動の代理を行って貰う事が出来ます。

また、競売の場合は市場価格を大きく下回る額で処分が行われてしまいますが、任意売却の場合は市場価格に近く額で売却が可能になるため、住宅ローンが多く残っている時など、全てのローンを返済できるチャンスが在ると言うメリットや、競売のように裁判所により差し押さえが行われることは無いので、一般的な不動産会社に仲介を依頼して売却活動を行うのと同じような手続きで進められると言うメリットを持ちます。

しかしながら、任意売却と言うのはスムーズに処理が行われることでこれらのメリットが活かされるものであり、競売にかける準備は常に進められる状態になっています。

そのため、購入希望者が中々見つからないと言った場合など、値下げをしてでも売却を進めていかないと催促状により競売にかける準備に入ることになります。

因みに、裁判所からの競売決定通知書が届くと、入札日が近づくことになります。
一般的に入札の前日までは取り下げが可能になりますが、これを過ぎてしまうと手遅れとなり、強制競売と言う形になってしまうため、任意売却はスピーディーに行う事が重要なポイントになると言う事です。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!