相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

債務整理の方法として任意売却というのは有利

債務整理というのは、借金の返済が思うようにできなくなってしまった時などに
行う手続きのことです。たとえ借金を背負った当初は順調に返済できていても、
時には諸事情などで返済を続けていくのが困難になってしまいます。

そんな時には貸金業者などの債権者と交渉をして、借金の減額をお願いしたり、
毎月の返済金額を減らしてもらうようにお願いするのです。
そうしたお願いを聞いてもらえれば、最低限の返済は続けられる見通しが立ちます。

しかし債務整理の手続きを進めることによって、返済方法を自分に有利に変更してもらうことで生活再建できる場合もあれば、それが叶わずに全てを失って自己破産してしまう場合もあります。
この手続きは通常、司法書士や弁護士に依頼して行います。
自分で債権者と交渉するのではなくて、一般的には交渉を代行してもらうことが多いです。

債務整理に対して任意売却というのは、住宅ローンなどを組んで不動産を購入した後に、そのローンの返済が困難になってしまった場合に行う手続きのことを言います。
もちろん債権者との合意によって、不動産を売却する手続きを行います。
そして不動産の売却代金をローンの残高返済に充当したり、自分や家族の引っ越し費用なども整理することで、今後の生活再建を行うのです。

任意売却ができる人は売り払う不動産を所有している分、何も所有せずに借金の返済に苦しんでいる人よりは遙かに有利であると言えます。
住宅ローンの返済が困難になっているのと同時に、消費者金融などからの借金返済も困難になっているような場合では、任意売却と債務整理の二つの手続きを絡めて行うことも可能です。

まずは債務整理より先に任意売却の手続きをするのです。
そして住宅ローンと消費者金融の借り入れ金を合算した借金を減額してもらったり、あるいは帳消しにしてもらうことも可能です。
しかしそれは自力で行うのは困難ですので、まずは弁護士などの専門家に相談して、二つの借金をどう整理するのがベストなのかを決定します。

もしも自己破産は嫌だし費用も安く済ませたいというのなら、上記の二つの手続きを絡めて行う方法は最適と言えそうです。
何しろ任意整理によって借金を減額することが可能ですし、任意売却で返済に充当できるお金も手に入るのです。
それゆえ、上手くゆけば借金の全額を返済できる可能性もあるのです。
最近は無料相談を受け付けている弁護士事務所や司法書士事務所も増えてきましたので、まずは相談すべきでしょう。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!