相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

任意売却した一戸建てを回収して住める方法

任意売却をして不動産を手放すと、所有権は購入者に移ります。そのため、一戸建てを売却してしまった場合、回収して住むということはできません。ただし、必ずしもできないという訳ではなく、売却するにあたって取られた契約次第では、その回収は可能な場合があります。

まず、一つの手段として、所有権留保の売買契約が締結された場合です。これは、売却後も所有権が売主に残るという契約方法です。分割で売買をする時に結ばれる特約です。購入者が全額を支払うことができれば、所有権を取得することができますが、もし弁済ができない場合には、所有権は売却した者に残ります。この手法は、主に自動車など動産の取引で、割賦販売をする露機に用いられる手法です。
そのため、通常任意売却で取られる手法ではないため、現実的ではありません。そもそも、任意売却をしなければならない人は、債務の弁済が困難な状況にあるパターンに陥っています。つまり、この契約で一戸建てを売るということはありません。また、購入者が全額を支払えば、所有権はそもそも完全に移転してしまいます。

もう一つの手段は、買い戻し特約付きの売買です。これは、購入者に所有権が完全に移りますが、売却した者が一定期間内に一定額を支払うことができれば、所有権を元に戻してもらえるという契約です。前記の場合と異なる点は、所有権自体は一度相手に移っているという点です。また、資金も売却時に移転しているため、売買の際に用いられることも多く、特に担保目的で売買をする場合に用いられます。これは、契約内容次第では任意売却でもあり得る手段です。ただし、このような契約方法で購入してくれる人は現実的ではありません。不動産を購入したいという人は、所有権を完全に取得したいと考えます。一定期間後に所有権を失う可能性のある契約を結んでくれる人は限られます。考えられることとしては、債権者が不動産を代物弁済として受け取って、債務者が債務を完済できた場合に、所有権を元に戻すという契約です。債権者がこの契約に応じるかは、完全に任意であり、交渉によって認めてもらう必要がありますので、ハードルは高いです。

その他にも、法律攻勢次第では、一度売却した不動産を回収することはできなくはありません。しかし、任意売却で手放す場合に、特殊な契約を結ぶことは現実的ではないため、事実上不可能と考えた方が無難です。そのため、任意で処分する場合には、完全に一戸建てを奇襲することはあきらめる必要があります。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!