相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

任意売却はどこへ依頼するのが良いですか?

住宅を購入するときには多くの人が、金融機関の住宅ローンを利用していると思います。
失業や病気など何らかの事情によって、毎月の住宅ローンの返済が滞ってしまうと、金融機関は債権者が担保としている住宅を差し押さえて、裁判所に競売の申し立てを行う可能性があります。

競売の方法では安い価格で売却されてしまうことが考えられるために、少しでも多くの金額を取り戻す方法として任意売却という手続きがあります。
任意売却は裁判所に競売にかけられる前に、債権者と相談することで業者や専門家を通じて不動産を売却して、得た資金を借金の返済に充てる方法となります。
手続きの依頼先としては、一般的な不動産業者に行うことも可能と言えますが、売却して得た資金が住宅ローンの残債よりも少ないときに、不足している債務の部分をどうすればよいのかという相談を行えるわけではありません。

一般的な不動産業者は、あくまでも不動産の取引を行ってくれる業者であると認識しておく必要があります。
任意売却は法律的な知識が必要な手続きとなることから、弁護士や司法書士に依頼することも可能です。
弁護士や司法書士では法的な相談も行えることから、債権者との交渉面について安心できるメリットがあると言えます。
ただし、弁護士などの法律家の場合には、不動産の売却先であったり、値段の交渉を行うケースは少なく、付き合いを持っている不動産業者に外注する形で処理を行うことも考えられます。

そのために弁護士などに相談したときには、安心して手続きを進めてもらうことはできますが、少しでも高値で売却したいという要望については、満足できる結果が得られるかどうかは未知数となります。
一般的な不動産業者や通常の弁護士に依頼するほかに、任意売却を専門的に取り扱っている業者や法律事務所も存在しています。
手続きとしては債務整理の一種であると考えられますので、法的な知識が必要となるわけですが、不動産についての知識や経験も豊富にある専門業者のほうが心強いと言えます。

専門的に手続きを行っている業者や法律事務所であれば、債権者との交渉を任せることが可能な上に、買主探しの情報ネットワークを構築していますので、売却先の買主を探すことにも精通しています。
従って、最も良い依頼先としては、ローン相談支援センターや法律事務所と言うことができます。
実際に依頼を行うときには、過去の実績や経験を豊富に持っているか確認してから決めることがおすすめです。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!