相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

知らないでは済まされない!任意売却のキーワード:リースバック

任意売却とは、住宅ローンなどの借入金の返済が滞ってしまい返済ができなくなった場合に、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を債権者の合意を得て売却することを呼びます。

任意売却の手法の中で、知らないでは済まされないキーワードがあります。
それは、リースバックです。
こちらは、所有している自宅などの不動産を第三者に購入してもらうことで、元の所有者がそのままその不動産を使用し続けることが出来るようになる不動産取引のことをそう呼びます。

近年では、このリースバックと任意売却を組み合わせる不動産取引が増加して来ていることもあり脚光を浴びています。
特に、この手法では自宅を任意売却しても、そのまま所有者が住み続ける希望が叶えられることになるため、増えています。

一旦投資家に自宅などの不動産を売却して、数年後に買戻しを目指す方法もあります。
その間に、買戻しをしてくれる親族などを探すことも可能です。
買戻しが成功するかどうかの決め手は、お互いの信頼がどれほど深く確かなものであるかによって変わって来ます。

このため、家賃を払って自宅として住み続けてから、その後に自宅の買戻しを行うことが可能になるケースもあります。
入院などの色々な事情によって経済的に困窮をしていて収入が一時的に減少してしまっている現状であっても、将来的に収入が回復する見込みがある程度ある場合です。

また、子供たちが自宅を買い戻す経済力があるようになればそれも実現できる可能性もあります。
数年後には、住宅ローンを組むことができる経済力を持っていれば、行う価値はあります。

その他、もうすでに競売が決まっているケースでは、親子間売買に充てられる時間がないため、一旦は、投資家に自宅を購入してもらうのが、リースバッグとなります。

任意売却を行う際には、このようなリースバックの方法があることを知っていることで、一旦は投資家に自宅を購入してもらうことで、数年後に買い戻せる可能性があるので、愛着ある自宅を手放したくないという希望が強い時には、知っておくととても役立ちます。

しかし、リースバッグを行う際には、やはり自己責任としてデメリットもあり得る可能性もあることを理解した上で、充分に検討した上で行うのが賢明だと言えます。
親子間売買でもトラブルになり兼ねない場合も少なからずあるからです。

思い出のある自宅に住み続けるためには、こう言った方法があることを予め知っておけばいざという時の選択肢になります。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!