相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

知らないでは済まされない!任意売却のキーワード:瑕疵担保責任

ローンの支払いが滞ってしまうことで、任意売却を行う方法も選択肢のひとつとしてあります。
この場合、本来なら売却された不動産に対しては、瑕疵担保責任が付きます。
このキーワードは、売却を行う際には知らなかったでは済まされないので、その意味合いを充分に理解しておくべきです。

そもそも瑕疵と言う言葉の意味は、物などに欠陥がある状態を呼びます。
つまり、その物が備えていなければならない定められた性質、機能、性能を持っていないと言うことになります。
売買する不動産の場合なら瑕疵は、買主が知り得ない欠陥が存在する場合には、売主の責任のことを瑕疵担保責任を負うことになります。

実際に、不動産売買においての瑕疵の範囲は、雨漏り、シロアリの被害、建物構造上主要な部位の木部の腐蝕、給排水設備の故障です。
これらの瑕疵は、単に目視だけで確認できるものではないケースが多いため、見た目で分かる部分だけではなく、くまなく調査や確認を確実に行う必要があると言えます。

具体的には、不動産会社が介入している売主の場合には、引渡しから2年間の責任が存在します。
一般の方が売主の場合には、2ヶ月、あるいは、負担しないとか条件次第で双方で契約を済ませます。

任意売却の場合、売主はこの責任を負うとしたとしても、金銭的に不可能な場合が多いために、免責とならざるを得ない場合が多くなっています。

一方、競売の場合には、裁判所の命令で瑕疵担保責任がないことが明記されています。
任意売却の場合は、この責任を追及されたとえしても、お金が無いので出せないため免責になることが多くなっています。
任意売却物件は、一般物件に比べお安く購入できることがありますが、購入者は物件を充分調査して、後に後悔の無いようにしていただきたいものです。

そのため、一般的に不動産業者は、瑕疵担保責任免責が通用する事例だからと言って、業者としての調査義務をおろそかにすることは出来ません。
媒介する業務を責任を持って遂行する義務があります。
床下や天井裏などを調査をするなど適切に行う必要があります。

任意売却を検討する場合には、実際には売り主になればこの瑕疵担保責任を負うことを理解しなければなりません。
たとえ、支払える経済力がないので負担を負うことが出来ないという立場であっても、売主にはこの責任が課せられるのが基本だと言うことになります。

キーワードとして、知っておくことはとても重要なポイントだと言うことを理解しておく必要があります。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!