相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

知らないでは済まされない!任意売却のキーワード:親子間売買

任意売却のキーワードの一つに、親子間売買というものがあります。これは、不動産を手放さなければならないけれども、どうしてもその家に住み続けたい、という人の選択肢の一つです。
まず、原則論を理解しておきましょう。どうして、売却してしまった家に、引き続いて住み続けることができるのか。不法占拠でもない限り、考えられるところは一つです。その不動産を購入した人に、引き続いて住み続けることを認めてもらうからです。当たり前ですがタダで認めてもらえることなどありえません(もしありえるなら、そもそも売却を考える必要などないはずです)。簡単に言えば、その不動産を賃貸物件としてもらい、自分は毎月の家賃をその人に支払って住み続けるということです。

しかし、市場にいる人が皆そんな人であるはずはありません。ということで、出てくるのが親子間売買となるのです。親であれば、上に書いたような多少の無理であれば聞いてくれることも多いから、というわけです。
しかし、それでもやはり問題はあります。親が十分な資金を持っていて、その不動産を買い取れるくらいであれば問題はありません。ですが、もしそうであれば、ここでもそもそも任意売却を考える必要性は低いといえるでしょう。なぜなら、はっきり言えば親に直接住宅ローンの肩代わりを依頼して、自分は毎月一定額を親に返済するのと実質変わらず、ややこしい手続きや手数料が不要な分だけよりよい考えだからです。

すなわち、親に十分な資金がないときに、親子間売買は可能なのか、というのが本質的な疑問となります。答えは、不可能ではないにせよ、それなりに難しい、ということになります。理由は、そういう場合に、親に対する融資を銀行は簡単にはなかなか認めないのが通常だからです。ただし、始めから諦めてしまうほど難しいものではありません。これも、原則論に立ち返って物を考えればよいのです。融資を受けられるかどうかは、返済のアテはあるのかが一番重要です。子供のほうがそういう状況にあるというマイナス面を補えるくらい、親のほうに収入、勤務先、勤続年数等のファクターで、きちんと返済できそうだと銀行に思わせるくらいのプラス面があればよいわけです。

一方で、銀行でなくノンバンク系であれば比較的融資が通りやすいのは事実です。ただしもちろん喜んでばかりはいられません。当然ながら銀行に比べるとノンバンク系の金融機関は金利が高くなるからです。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!