相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

知っていると強い!任意売却のメリット:住み続けられる可能性がある

苦労して手に入れたマイホームでも、何らかの事情により手放さなければならなくなることもあるものです。
もちろん、住宅ローン完済後であれば特段の問題はありません。既に自分のものなのですから、普通に売りに出し、市場価格で買い取ってもらえばそれでよいわけです。

問題は、住宅ローンがまだ残っている場合です。住宅ローンが残っている家を売りに出そうとする場合、当たり前のことなのですがその家はまだ自分のものではないわけですから、ローンの残りを一括で返済してからでなければ売りに出すことはできません。ところが、住宅を手放さなければならないような事情を抱えている人が、ローンの残りを一括返済することは実際には不可能な場合が多いでしょう。

そこで選択肢となるのが任意売却です。簡単に言うと、ローンが残っていても利用でき、かつ、そのまま住み続けることもできる可能性があるのです。どういうことかというと、ローンが残っている状態で、市場価格で売却すること、そしてこれが大事なところなのですが、ローンの残りは、一括ではなく月々返済していくことを債権者、多くの場合銀行、に合意してもらうことです。

しっかりとした手続きを行えば、債権者が合意してくれる可能性は高まります。というのも、もし任意売却が成立せず、そのまま時が経過していよいよ身動きが取れなくなった場合、債権者が取りうる手段は、その家を競売にかけることです。一般的に、競売は市場価格よりかなり安い値段でしか売れません。そのため、債権が回収できる可能性も低くなってしまうのです。従って、しっかりとした計画を持って行う任意売却は、債権者にとっても、十分債権の回収が見込めるという意味で、メリットがあるのです。また、不動産の売却の際には、種々の手数料がかかるものです。これも、債権者との交渉により捻出できる可能性があります。

そして、そのまま自宅に住み続けられる可能性があるというのは、つまりは売却した不動産を購入した人から、賃貸物件としてもらうということになります。別に難しい話でも何でもなく、もっとも分かりやすい例は親戚などに買い取ってもらったうえで、自分は借家として家賃をその人に払って住み続けるというものです。別に親戚である必要はなく、要は買った不動産を賃貸に出すことを考えている人に売却することで、そのまま住み続けることもできるということなのです。
競売の場合はまず住み続けられる可能性はありませんから、任意売却の大きなメリットと言えます。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!