相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

親子間売買の任意売却について

自宅の住宅ローンを滞納しているために、任意売却の相談をする場合には、多くの方が愛着ある自宅に住み続けたいと言う希望があります。

愛着のある住まいを手放したくないことや、子供を転校させたくないこと、自宅と店舗を兼ねているため離れたくないなど、それぞれの事情によってその理由も異なります。

競売にかかられた場合には、引渡命令という制度があるため、これまでの所有者の立退きは強制執行することが可能です。
ですから、実際に競売になってしまった場合、このまま自宅に住み続けることはほとんど出来なくなります。

しかし、自宅を子供に売却する場合は、親子間売買という方法があります。
これで、任意売却をすれば、自宅を売却した後であっても、自宅に住み続けることが出来るようになります。

実際に、子供が自宅の所有者となるため、親はかつての自宅を子供に賃貸していると言う形式になります。
子供以外でも、親族が購入する場合は親族間売買もありますし、夫婦間で行う場合夫婦間売買となります。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!