相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

知っていると強い!任意売却のメリット:手持ち金の持ち出しが一切ない

住宅を購入するときには、金融機関の住宅ローンを利用している人が多いと思いますが、万が一の不測の事態が起きてしまったときに、住宅ローンが支払えなくなるということもあります。

住宅ローンの返済を滞納していると、金融機関から督促状や催促所が通知されますので、その状態で放置してしまうことで競売にかけられることになります。
競売にかけられると安い価格で買い叩かれてしまうことが考えられ、住宅ローンの残債に充てられる費用も少なくなります。
そのような事態にならないためには、弁護士や専門業者に依頼することで任意売却の手続きを行う方法もあります。
競売とは違って、任意で住宅の売却を行う方法となるために、競売と比較して高値の資金が得られる可能性があります。
多くの資金を取り戻すことができれば、それだけ残っている住宅ローンの負債に充てられる金額が増えるメリットが得られます。
任意売却を行ったときのメリットとして知っておくべきものには、手持ち金の持ち出しが必要ないという点を押えておく必要があります。
通常の不動産売却では自分が支払わなければならない、不動産会社との仲介手数料や抵当権の抹消費用、滞納をしていて差し押さえられている固定資産税や住民税の一定の金額、滞納している管理費や修繕積立金などについて、債権者に支払ってもらうことができます。
これらの費用に関しては、任意売却によって得た売却代金の中から充てられることになりますので、手続きを検討したときに手持ち金が無くても問題なく進めることが可能です。

住宅の売却によって得られた代金が、住宅ローンの残債よりも少ない金額であったとしても、債権者との話し合いによって合意を得ることができれば、引っ越し代などの現金を受け取れる可能性も残されています。
競売をしたときには全く現金を残すことはできませんが、任意売却であれば現金を残せる可能性がある点もメリットとなります。
住宅についてはすでに売却をしてしまっていますので、債権者にとっては担保の抵当権はすでに失っていることになります。
債権者としては、債務者が金銭的に困っている状況にあることも把握していますので、収入の状況や生活費のことを検討した上で、残された債務について現実的な返済計画で了承してくれることも考えられます。

任意売却の手続きを行ったときには、その後の債務の返済について給与などの差し押さえは行われないことがほとんどですので、安心して日常生活を過ごすことができると言えます。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!