相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

知っていると強い!任意売却のメリット:引越し費用の現金が残る場合がある

住宅ローンの返済に困り、任意売却をしようとしている人は、そもそも経済的な余裕はない状態のことがほとんどです。
仮に、住宅ローンを貸し付けた家が競売になったときには、住宅ローンを貸し付けた金融会社が貸したお金を回収できる方法がなくなってしまいます。
しかし、住宅を任意売却するときならば、住宅の売却を専門に承る業者に交渉をしてもらって、売却したお金から差しあたっての生活費や引越し費用を、やりくりしてもらえることがあります。

しかし、これは住宅の売却を専門に承る業者が交渉の上で、了承を得たときのことで、必ず貰える保証はないことになります。
住宅ローンを貸し付けている金融機関は、住宅ローンを借り入れている債務者に、引越し費用などをやりくりする理由は、まず一つに、住宅ローンを貸し付けた家が競売になってしまうと、落札金額がいくらになるかが分からないということが挙げられます。
このことは住宅ローンを借り入れている債務者だけでなく住宅ローンを貸し付けている債権者にとっても気がかりなこととなります。
もう一つの理由は、住宅ローンを貸し付けている債権者が競売を裁判所に申立てをする場合は、予納金を支払うことが必要なことが挙げられます。
そのため、住宅ローンを貸し付けている住宅が競売にかけられると、落札金額がいくらになるかが分からない上に、予納金を裁判所に支払う必要が出てきてしまいます。

住宅ローンを貸し付けている債権者がやりくりするのは、住宅ローンを貸し付けている住宅が競売にかけられると落札金額がいくらになるかが分からないというリスクを抱えることになり、不動産を仮に売却できたとしても住宅ローンの残債が回収できなくなってしまう可能性があるからです。
そのため、住宅ローンを貸し付けている債権者は住宅ローンを貸し付けている住宅が競売にかけられるよりは、引越し費用を捻出してでも、一般的な相場の金額で売却することができる可能性が高い任意売却に持ち込みたいと考えていることが多いということになります。
また、引越し費用の金額は、住宅ローンを借り入れている債務者や住宅ローンを貸し付けている債権者の状況によるのですが、一般的な住宅であれば、約十万円から三十万円が相場になっています。

しかし、この費用が貰えるかどうかは、住宅の売却を専門に承る業者次第となっていて、交渉の結果によっては、貰えないこともあるということも知っておく必要があります。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!