相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

知っていると強い!任意売却のメリット:競売より高値で売れる

所有している一戸建てや分譲マンションを売却しなければならないときは、所有者にとって有利な条件で売買契約を成立させることが大切です。
住宅ローンを組んで念願だったマイホームを手に入れたとしても、長い間のローン期間中には返済が難しくなることもあるでしょう。転職や病気などで大幅に収入が下がると、購入時に組んだ返済金額が準備できなくなってしまいます。住宅ローンの返済が滞りがちになったら、不利な条件で売却することにならないためにも、早めに手を打っておくようにしましょう。

住宅ローンの返済がストップした場合、何もしないでいると競売に出されてしまう可能性が高くなります。競売といのは債権者である金融機関が裁判所に申し立てを行い、裁判所が売却手続きを進めるというものです。競売になると通常の不動産取引とは違って相場を大きく下回る金額で売却されることになるため、不動産の所有者は大きな損をしてしまうことになるのです。これは落札によって買い手が決まってしまうために起こるもので、初めに設定した最低売却価格よりも高い金額の中から決定することになります。この最低売却価格が相場よりも低い金額で提示されるため、市場で取引されている不動産価格を下回ってしまうのです。

競売のリスクを避けるための手段として選ばれているのが任意売却です。任意売却は住宅ローンが残っていても抵当権を解除することが可能なだけでなく、競売と比べて高値で不動産を売却できるというメリットがあります。

通常所有している不動産物件を売却したいときは、不動産売買を行っている業者に依頼して査定を受けることになります。地価や周辺環境、相場などを考慮しながら売買価格を決めますが、任意売却の場合は一般的な相場に近い金額で不動産を売却することができます。買い手が見つかり売買契約が成立したら、設定した引渡し日までに引越しを済ませて明け渡さないといけません。住宅ローンの残債を抱えたままで引越し費用を確保することは難しいと思われがちですが、任意売却なら引越し業者に支払う費用や新たな住まいを準備するための費用を用意することも可能です。この場合は不動産を売却するときの価格に引越し費用を上乗せするという方法で確保することができます。

任意売却のメリットは他にも色々ありますが、金額面以外の大きなメリットと言えば通常の不動産売買と同じように売却できるという点です。まずは専門の業者に相談することから始めましょう。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!