相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

任意売却と弁護士の活用

任意売却は競売にかけられる前に自らの意思でマイホームや所有する事務所などを売却する事が出来る方法で、競売にかける事で大きな損益が生じてしまう場合や、周りに住む人々に知られたくないなどの理由で利用する事で大きなメリットが在ります。

例えば、競売の場合はマイホームであれば裁判所により差し押さえが行われることになります。
マイホームを購入する人の大半は住宅ローンを組んでおり、ローンを組む時に土地や建物などには抵当権と呼ばれる権利が設定されることになります。

ローンの支払いが出来なくなると、抵当権を利用して競売にかけて債務の回収が出来るようになっているわけですが、競売と言うのは入札が行われ、一番安い金額で入札した人に落札の権利が与えられるため、住宅を購入する側にとっては少ない予算で夢の一戸建て住宅を手に入れられると言う魅力が在る反面、市場価格の6割ほどの額で競り落とされてしまうため、住宅ローンが多く残っている場合には損益だけではなく、ローンの債務も残ることになります。

尚、任意売却をする時には専門の会社に依頼をするケースが多く在りますが、弁護士に相談をすることで色々なメリットが出て来ます。

売却と言う事からも、その家に住み続けることは出来なくなりますが、法律の中にはセールス&リースバックと呼ばれる方法が用意されており、セールス&リースバックを利用する事で売主側は賃料を支払う事で、マイホームや事業所などを引き続き利用する事が出来るようになると言うメリットが在ります。

このセールス&リースバックを利用する事で、所有権は無くなりますが、引越しをする必要が無くなるため、新居に引越しをする費用や新居を借りる時に掛かる礼金や敷金、保証金、仲介手数料と言った諸費用が要らなくなると言うメリットも在ります。

また、セールス&リースバックは弁護士などの法律の専門家にバックアップをして貰う事で利用する事が出来る解決方法でもあり、売却するけれども家に住み続ける事が出来るメリットが在る解決法になります。

因みに、セールス&リースバックには本名義や家族名義で買い戻す事が出来る特約を付けられる事も在り、弁護士などに依頼をすることでのメリットは大きいものとなります。

この家族名義で買い戻すと言うのは、一旦売却したマイホームを数年間賃貸で利用し、それ以降に買い戻しが出来ると言う特約で在り、競売の場合は確実に第三者の手にマイホームなどの不動産は渡されることになりますが、任意売却ではこのような方法を利用する事で、マイホームを再び戻せると言うメリットも在ります。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!