相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

任意売却に必要な書類って?

住宅ローン問題解決の任意売却を行う場合、必要な書類の一式を揃えたり、改めて確認してから取り組み始める事が大切です。
任意売却で主に必要な書類としては、住宅ローンの借り入れに関する相手からのはがきを始めとして、督促や催促状も含めて用意する事がポイントになります。

また、物件契約書の準備も不可欠で、売買契約書だけではなく、間取り図や建築に関わる全てを揃える必要性があります。
意外に見落としがちなのは、物件の所有者が持つ権利書で、任意売却では忘れられない重要書類の一つです。
一方では、任意売却の手続きをスムーズにする為に、物件に関する写真を複数枚撮影しておく事がおすすめです。
外観の写真であれば、入り口や各方角から1枚ずつであったり、室内の各部も記録に残せば何かと役立ちます。
戸建ての場合は、比較的手続きの面倒は少なく済みますが、任意売却の対象がマンションであれば、戸建てよりも一手間増えるケース結果に結び付きます。

しかし、ここで十分に準備を行っておけば、手続き開始後の流れは意外にもスムーズになります。
マンションには管理会社が存在するので、管理者の連絡先であったり、管理規約や管理費用を含めて書類にまとめる事が肝心です。
土地や建物の評価証明書も、物件を手放す際には必要で、これらは市の税務署や役所の資産税課が管轄になります。
税金に関する情報もまた、売却時も欠かせない情報に含まれるので、固定資産税と都市計画税の納付書も忘れずに用意を行います。
正式に手続きする状況に備えて、印鑑証明書の原本の用意も求められます。
一般的にコピーでは代替不可なので、必ず原本を準備するつもりで行動を心掛ける事が重要です。

今までは、建物に関する情報を取り上げましたが、物件の所有者を証明する本人確認の準備、これも手続前に用意が忘れられない条件に入ります。
状況によって差押えが生じている時は、差押え書だけではなく、関連する全ての情報をまとめる事が必要です。
基本的には、これだけあれば大抵の情報は揃いますが、手続きのサポート業者に依頼するのであれば、委任状や申出書といった追加書類も求められる事があります。
手続きを滞り無く進めるには、チェックシートのチェックも役立つので、特に初めて手続きを依頼する場合、一覧に対する確認が求められる可能性は高まります。
種類によっては所定の窓口に出向いたり、手続きに時間がかかる物もありますが、どれも必要であると考えて、不足なく準備しておけば後が楽になります。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!