相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

任意売却後に残債が残った場合

通常の売却ではなく、主に強制競売にかけられる前に、自ら不動産を現金化することを指して言います。そのため、任意売却をする人は、住宅ローンなどの借入金の返済が困難になっている場合が多いです。

では、なぜ強制競売ではなく、任意売却を選択するのかと言えば、そちらの方がメリットが大きいからです。強制競売の場合、売却基準価格は市場価格よりも低く設定されます。その理由は、不動産の物的瑕疵や権利角形についての瑕疵は、経絡人が負担しなければならないからです。また、競落後、元の所有者が立ち退かない場合には、自ら強制執行を申し立てて、追い出さなければなりません。そのような負担があるため、通常は落札価格が市場価格よりも低くなります。

そのことは、債務者にとってもデメリットです。強制競売によって売却されると、そのお金は債権者に分配されることとありますが、当然、債務額に満たなければ残債務が残ります。そのため、どうせ強制執行で市場価格よりも安く入札されるくらいであれば、任意売却によって市場価格で処分できた方が、債務者の残債務が少なくなるので、後の返済が楽になります。

ただし、任意で売却することにもハードルがあります。住宅ローンを組んで家を建てる場合、金融機関は住宅に抵当権を設定します。そして、抵当権が設定されたまま不動産を売却しても、新たな所有者はその抵当権が付いたままの不動産を取得することとなります。したがって、抵当権が付いた不動産を市場価格で購入する人はいません。また、たとえ市場価格より安かったとしても、債務者が債務を弁済できないリスクを、購入者が負担することとなるため、買い手となってくれる人が見つからない可能性も高くなります。そこで、任意で不動産を処分するにあたっては、債権者と交渉して、不動産から抵当権を外してもらうように交渉する必要があります。この時、債権者が応じてくれるかどうかは、債権者が任意売却の方が貸し倒れのリスクが低いと判断してくれるかどうかです。
この交渉を自分で行うこともできますが、十分な交渉力がなければ、なかなかな債権者は応じてくれません。そこで、通常この場合には、弁護士に仲介を依頼して、抵当権を外してもらうように交渉することとなります。

もちろん、うまくいった場合でも残債務は残りますので、債務者は返済をしていかなくてはなりませんが、強制競売によって処分された場合よりも負担は軽くなります。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!