相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

離婚後、残ったローンを返済するには?

住宅を購入後に離婚を決めたり、住宅ローンに残りがある場合は、任意売却で処分する方法があります。
任意売却は、住宅ローン問題を解決する手段の一種で、離婚時の困難な問題を解消する為にも役立ちます。

住宅の名義が夫婦にあり、連帯保証の契約を結んだ上でローンを利用している時は、任意売却が契約変更の切っ掛けになります。
通常、契約を結んでいる状態の住宅ローンは、離婚が任意売却の理由になっても、連帯保証人を解消する事は難しいといえます。

しかし、お互いが協力して早めにローンを返し切ったり、住宅ローンを新たなものに乗り換えれば解決する事が出来ます。
連帯保証人の契約を変えない状態での返済は、完済する事が連帯保証人を外れる条件になります。
つまり、双方の協力的な態度が必要不可欠なので、比較的円満な離婚でなければ実現は難しいと考えられます。

一方で新規のローン契約は、夫の収入が十分である事、夫が支払いの負担に納得してい二つの条件が必要です。
ただ、連帯保証人の解除よりは難易度が低いので、検討して考えてみる価値がある選択肢になります。
任意売却の注意点としては、売却後に借金が残る場合、売却は認められないという決まりが存在します。
この制限を解消する為には、借金が残らない程度まで返済を行い、最適なタイミングで売却の段階に入る事が挙げられます。
念入りに準備を行ったり、順序立てて手続きの段階を踏めば、後にわだかまりを残す離婚ではなく、気持ちの面でも綺麗でスッキリとした別れが実現します。
お金は人を結ぶ物ですが、借金はお互いの関係性を縛ったり、時には望まない関係を続けさせる要因になります。

ローンの返済を考える時は、住宅の売却が行えないか検討したり、借金の残額を含めて双方が話し合いを行う機会を設ける事がおすすめです。
顔も合わせたくない場合は、間に入る仲介業者を選択したり、相談相手を見付けて問題解決を取り持ってもらう必要があります。
別れは切っ掛けにもよりますが、協力しなければ早くローンを解決する事は難しいですし、積極的に協力を行えば短期間で問題解決に結び付きます。
欠かせない要点はお互いの意思疎通で、具体的に解決する道筋を考えたいのであれば、理性を持った話し合いを心掛ける事がポイントになります。
名義と責任が双方を繋げるので、ストレスや苦痛に感じられる事もありますが、問題の前に立って立ち向かわなければ、いつまでも解決しない問題として残り続けます。
別れを話し合う段階で、住宅についての話し合いも始めておけば、お金の切れ目と共に縁も切る事が出来ます。

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!