相談無料・秘密厳守!任意売却ならローン相談支援センターへ

24時間受付 年中無休 0120-609-305(フリーダイヤル ろーんきゅうさいえんご)

任意売却は実績で任せるべき

債務者は自分の背負う債務を返済するために、所有する不動産を売却しなければならない場合があります。
しかし不動産の売却を行っても完済ができず、ローンが残ってしまうケースも考えられるでしょう。

このようなケースでは銀行など金融機関が、抵当権に従って不動産の差し押さえを行います。
その不動産を競売にかけ換金するのですが、一般的に落札価格は市場価格より低くなる傾向があります。
つまり債務者にとっては損になってしまうのです。

そこで取られるのが任意売却という手段です。
この売却法では、売主である債務者と債権者の間に不動産業者などが仲介者として入ることで、競売にかけられることなく取引が成立します。
つまり債務者や債権者が満足する売却価格を設定できるのです。

債務者は住宅ローンの全額を返済しない限り、不動産に設定されている抵当権を抹消してもらえることはありません。
競売の場合、不動産の購入者が希望する価格が、債務者が返済しなければならない額に達しなければならないのです。
そうでなければ売却することはできません。
しかし任意売却であれば、不動産業者などの仲介者と債権者との交渉の結果、住宅ローンが残っている場合でも売買を成立させられる可能性があるのです。

ただし残った債務を支払う義務はあるということを忘れてはなりません。
なかには「売却後には無担保の債務になるから支払いの必要はなくなる」と話す仲介業者もありますが、そのようなことはないので注意しなければならないのです。

このような仲介業者に依頼してしまわないように、債務者は慎重に業者を選ぶ必要があります。
任意売却の仲介を手数料無料で行ってくれると謳う広告も疑ってかからなければなりません。
借金を抱えた方は早く返済したいという一心で、安易に飛びつきやすいので気をつけましょう。

このような理由から、仲介業者は実績で評価するのが安心です。
任意売却の仲介を請け負う不動産業者はたくさんありますし、ネット上でも様々な評価がされています。
依頼する前に相談実績や口コミをチェックすると良いでしょう。
そうすればケースによって異なるとはいえ、大まかな仲介料や手続きの流れがわかるはずです。
また業者の丁寧さなどもあらかじめ知ることができます。
こういったことは最終的な売却価格に大きく関わってくることなので、特に注意を払う必要があります。
良心的な対応を行っている業者に仲介を頼みたい場合は、広告ではなく実績に注目するべきなのです

任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!

合わせてよく読まれている関連記事

任意売却とは?

選ばれる理由

ご相談からの流れ

よくある質問

年中無休 24時間受付無料で相談
任意売却のすべてがわかるハンドブック無料相談でプレゼント!